朝から元気に起きれる!体のリズムに合わせた上手な食べ方

多くの人が経験する病気は、免疫力の低下から生じます。

そして、免疫力は自律神経バランスに影響を受けるとお伝えしました。

詳しくはこちらをお読みください。

👉『これだけ読めば大丈夫!病気になるしくみを知り、免疫力を高める』

自律神経は、意識せずに内臓や血管の働きを調節する神経です。

私たちの体が意識しなくても食べ物をしっかりと消化吸収できるのは自律神経のおかげです。

そして、自律神経バランスは体のリズムに沿った生活をすることで安定し、逆に体のリズムに沿わない生活をすることで自律神経バランスは乱れていきます。

この体内のリズムはまるで時計のように時を刻んでいるため体内時計とも呼ばれています。

そこで今回は、「自律神経バランスに影響を与える食生活」について解説します。

( 平成30年 11月13日 更新 )

食事における体のリズム

人間の体において食事に関わる場所はご存知の通り、内臓です。

そして、この内臓にも体内時計が備わっています。

内臓は体内時計によって時間帯における役割を変えています。

具体的には、12時~20時までの8時間の間に胃酸を大量に分泌させて食物補給・消化を行います。

要するに、食事に1番適している時間になります。

次に20時~翌朝4時までの8時間の間に取り入れた栄養を吸収・利用します。

寝る子は育つの理由はここにあるかも知れませんね。

そして、最後に朝4時~12時までの8時間の間に内臓は排泄機能を高めて休息に入ります。

つまり、内臓にも食事に都合の良い時間帯と都合の悪い時間帯があるという事です。

内臓の都合の悪い時間帯

そのため、内臓にとって都合の悪い時間帯に食事をする事ストレスとなり、自律神経バランスを乱すことになります。

具体的には、排泄・休息をしたい朝7時の食事に消化の悪い揚げ物を食べることや、吸収・利用したい22時にがっつりご飯を食べることですね。

この時間帯に補給・消化を強いられるわけなので、内臓にとってはストレスになるわけです。

昼12時~20時の間は胃の中では食物を消化させるために強力な胃酸が分泌されます。

これにより胃の中は酸性に傾きます。

しかし、朝食時においては排泄および休息に入っているので胃酸の分泌が極力少ない状態にあります。

これにより胃の中はアルカリ性に傾き、朝食時の食物は効率よく消化されません。

20時以降においても同じ事が言えるため、胃に入ってきた食物は未消化のまま腸に向かい未消化の食物は腸でうまく吸収されず内臓のストレスとなってしまいます。

食べ方のコツ

それでは内臓にストレスを与えず、自律神経を整えることのできる食事の仕方はどういったものでしょうか?

そうです。要は消化に良い食事を心がけることです。

朝は消化酵素を持つ野菜を食べたり、スープなどが良いと考えられます。

夜においてもできるだけ20時までに食事を済ませることが自律神経を整えるコツだと言えます。

仕事上やむを得ず20時を過ぎて食事をする場合は、肉を食べるときに必ず野菜を一緒に摂ることや、1口食べたら30回噛むようにするなどの工夫が良いと思われます。

このように内臓のリズムを知り、負担を掛けないことで自律神経は自ら整ってい きます。

私の場合、実際に20時以降に食事をするとその後の寝つきが非常に悪かったです。

あと、食べた量にもよりますが、あまり食べ過ぎると胃に重量感を生じます。

胃が重くなると、就寝時お腹の上に重りが乗っているようなものですから、睡眠の質を下げる要因となります。

夜はやっぱり腹八分目が良いようですね。

まとめ

まとめます。

1.食事には適した時間がある。
2.内臓のリズムに合わない食事は自律神経不良につながる。
3.食事時間と方法を工夫すると自律神経は安定する。

以上のように、私たちの体には食事における体内のリズムがあります。

このリズムを知り生活習慣を見直すことによって自律神経が安定し、免疫力が高まり、健康な体を維持できると考えられます。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(自律神経サポート)への「いいね!」およびTwitter(未病改善セラピスト)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食事

食事で整えよう!自律神経を安定させるもの5選

内緒

効果的!ダイエットに役立つ栄養素教えます

たまご

ダイエット中って、たまご何個食べていいの?

朝食

ダイエットでは朝食がカギを握る

ソワソワ

間食癖が減る!!ソワソワした時の対処法

朝食

今日からできる!痩せる朝食のとり方、4つのポイント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。