単品メニューは太る?FreeStyleリブレを使って分かったこと

単品メニュー

前回は血糖値を気軽に測定できるFreeStyleリブレについてご紹介しました。

FreeStyleリブレについて詳しく知りたい方は、前回の記事をお読みください。➝一歩先行く健康管理!気軽に血糖測定できるFreeStyleリブレ

Freestyleリブレこれにより、普段食べている食事で自分の血糖値がどのくらい上がっているか確認することができます。

私も先月FreeStyleリブレを使って、色々な条件で食事をとってみて、血糖値がどのように変化するか確認してみました。

すると、驚きの結果が待っていました。

そこで今回は、FreeStyleリブレを使った検証と個人的な意見を述べさせていただきます。

【注意】
前回の記事でも書きましたが、食事をとった時の血糖変動には個人差があります。今回の内容はあくまで血糖変動であり、これを読まれている方がまったく同じ血糖値になるとは限らないことをご了承ください。

※ただ一応、私は健康成人に分類されますので、この記事を読まれている方が糖尿病でなければ十分参考になる内容だと思います。ちなみに糖尿病をお持ちの方は薬や注射をしなければ、私の血糖値以上の値が出ると思われます。

スポンサーリンク


血糖値が高いとどうなるのか?

まずは血糖値が高くなるとどうなるのかおさらいしておきます。

1.血管が傷つく

血糖値とは血管内に含まれる糖の量を表したものです。つまり、血糖値が高いということは、血管内に糖が溢れかえっているということになります。

糖は他の組織とくっついて、その組織の性質を奪う作用があります。

そのため、血管内に糖が溢れかえると、糖は血管内の壁にへばりついて血管の本来持つ性質を奪います。

血管の性質はなんといっても弾力性です。この弾力性が失われると、血管は硬くなるので、わずかな刺激で血管は簡単に傷つきます。

そして、この傷を治すときにコレステロールが集まってきて、最終的にそこの血管の流れが滞ることで脳梗塞や心筋梗塞になるのです。

2.老ける

先ほど説明したように、糖には他の組織とくっつくことで、その組織の性質を奪います。

これは、もちろんお肌でも同じことです。皮膚という組織にも血液が届いていますから、もれなく糖も皮膚の組織にくっついてしまいます。

そして、お肌の持つ潤いやハリという性質を奪ってしまいます。

つまり、血糖値が高い状態が続くと老けやすくなる可能性があるということです。

3.太る

血管内に存在する糖は体のあらゆる場所でエネルギーとして使われます。そのため、1日を通して活動するためにも食事によって血糖値を上げること自体は悪いことではありません。

しかし、このエネルギーもたくさんあれば良いというわけではありません。

体に必要な分だけ糖からエネルギーを作れれば良いのです。

しかし、血糖値が高くなり過ぎると糖は余ってしまいます。すると、体は糖を脂肪に変えて体内に蓄える反応を起こします。(脂肪はいざという時にエネルギーとして使えるからです)

つまり、太るということです。

以上のように、血糖は体に必要ではありますが、多過ぎると身体にさまざまな不具合を起こします。

そのため、血糖値は適切な範囲で変動させることが大切になります。

具体的には以下の値を目指すと良いと言われています。

空腹時血糖・・・100mg/dl以下
食後2時間血糖・・・140mg/dl以下
1日を通して血糖値を80~140mg/dlの範囲で変動させることが良い

FreeStyleリブレによる検証

では、早速テーマにあります「単品メニューは太る?」について検証したので、データをご覧下さい。

要は「単品メニューを食べたほうが色々食べるより血糖値が上がりやすいか」という検証です。

条件は、朝、同じ量のご飯150g(糖質量55.2g)を食べるということですが、1日目はご飯のみ(いわゆる単品メニュー)2日目はご飯に味噌汁(豆腐、油揚げ、ワカメ)、きんぴらごぼう、卵焼き、サラダを付けました。

結果は以下のようになりました。

食事による血糖変動

ご覧の通り、ご飯150gのみ(単品メニュー)食べた時の方が味噌汁、オカズを付けた時よりも血糖値が高くなっているのが分かります。

通常、糖質1gに対して血糖値は1mg/dl上がるため、同じ糖質量(ご飯150gに糖質は55.2g)を摂っていればほぼ同じ血糖上昇をすると予想されます。

しかし、今回は2日目の方が血糖上昇は穏やかでした。(おかずにも糖質は少なからず入っているため、むしろ、2日目の方が摂った糖質は多かったと思います。)

やはり、世間一般で言われている「食べ順で糖の吸収が穏やかになる」というのは本当かも知れません。

スポンサーリンク


まとめ

今回はFreeStyleリブレを使って、単品メニューとおかずを付けた食事とで上昇する血糖値に違いがあるか検証してみました。

そして、単品メニューでは糖質の吸収が強くなる可能性がありました。

つまり、おにぎりやカツ丼、チャーハンといった単品メニューは太りやすい可能性があるということです。

朝は子どもの世話、自分の出勤準備など忙しいかも知れませんが、朝食は単品メニューにならないようにみそ汁などをつけるだけで、無駄な血糖上昇を避けれる可能性があります。

是非、今後の食生活に取り入れてみてください!!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(ダイエットサポート)への「いいね!」およびTwitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ
これを機に是非、友達追加してみてください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気づいた女性

ダイエットの本当の意味を知れば、体重なんて気にならなくなる。

間食する女性

今日から始める!お菓子が少量で満足できる、太りにくい間食のしかた

サイクリングをする女性

効果抜群!ダイエットに役立つマインドセット

タイミング

ダイエット(減量)に入るタイミングを知れば、やり方が変わる

食欲がないOL

自然と体重が減る。ダイエットしていないのにスリムな人がしている習慣

二の腕の写真

部分痩せって難しい?理由と対処方法を詳しく解説!【イラスト付き】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。