痩せる睡眠生活!5つのポイント

今回の記事は、睡眠時間を削って生活をしている人に向けた内容です。この記事を最後まで読むことで、痩せるために睡眠が如何に必要かがわかります。

はじめに

おはようございます!

食欲コントロールダイエット協会マスターコーチの尾川です(^^)/

痩せる睡眠5つのポイント

毎度、お伝えしておりますが、睡眠をしっかりとれないとマジで痩せません。

事情があって睡眠がとれない人もいますので、それは個別で相談に乗るとして。

寝るのもったいないとか、ダラダラして睡眠不足になっている人はぜひ参考にされてください。

 寝る2時間前からスマホ控える

脳が興奮状態になると当然寝れません。

そして、スマホのブルーライトが目から入ることによって脳が興してしまいます💦

スマホは全く見るな!ではないですが、せめてブルーライトカットしてください。

午前中に日光浴びる

朝からしっかりと日光を浴びると睡眠ホルモンの分泌が減ります。

これにより、反動で夜間に睡眠ホルモンがドバドバ出るわけです♫

朝起きたらカーテンをバッ!と開けましょう🌈

日中に心拍数を上げる時間を作る

自律神経はご存知ですよね?

日中に覚醒神経である交感神経を刺激しておくと、夜間に交感神経はヘタります。

そして、ここぞとばかりにリラックス神経である副交感神経が働き始めるのでストンと寝れるわけです💤

 昼寝は30分以内

長い(1時間程度の)昼寝をすると、日中に一度夜が訪れたことになります。

これにより体内リズムが狂ってしまいます。

食欲と代謝の正常化は生活リズムを整えることで得られます。

昼寝(パワーナップ)はアリですが、長寝はナシです。

 湯船に浸かる

人は深部体温が下がることでよく寝れます。それには一度、深部体温を上げる必要があるんです。

そこでポイントは湯船に入ること。

イメージ的には36.5℃の人が湯船に浸かって37.5℃になる。

60-90分後に36.0℃(平熱より下がる)となり眠くなる。

夏でも40℃程度のお湯に10分くらい浸かるようにしましょう!

まとめ

いかがですか⁉️

睡眠活動=ダイエット
と言っても過言ではありません‼️

今日からできることは今日からやってみましょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

------------------------------

食べながら痩せる方法をメールマガジンで配信中です!
メルマガ登録で、今日から受講できますよ。
詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

Twitter:尾川隆@食欲コントロールダイエット

Instagram:Takashi Ogawa

youtube:たーぼーの食欲コントロールダイエット

tiktok:尾川隆@食欲コントロールダイエット

その他、公式LINEアカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ

  • ダイエットにはカロリー計算は必須?
  • ダイエットには糖質制限は必須?
  • ダイエットには筋トレが必須?
  • 食べすぎてしまうのは意志が弱いから?

これらの疑問がある人は、今すぐ友だち追加してください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テクニックを教える

即実践できる!おやつや食べ過ぎをなくすための応用テクニック

料理

食事の満足感がアップする!ダイエットに必要な満腹感度と栄養密度

あなたは知ってますか?寝ないと太りやすくなる理由

お腹が空いたカエル

一石四鳥!?空腹感を感じることで得られる4つの効果を徹底解説

サイクリングをする女性

効果抜群!ダイエットに役立つマインドセット

ダイエットサロン案内

熊本でおススメのダイエットサロン:体質改善ダイエットサロンLeaf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。