頑張っているのに痩せれない人の特徴

今回の記事は、一生懸命頑張っているのに痩せれない人に向けた内容です。この記事を最後まで読むことで体重を落とすためにどのように軌道修正をすると良いのかがわかります。

おはようございます!

食欲コントロールダイエット協会マスターコーチの尾川です(^^)/

一生懸命カロリー落として一生懸命運動しているのに痩せれないってことありませんか?

ホント、イラってしますよね( ゚Д゚)

なんでこんなに頑張っているのに痩せないんだ!って感じです。

では、どうして痩せれないのでしょうか?

それは、自律神経に関係があります。

脂肪を燃やすためには自律神経の中でも交感神経の活動が必要です。

一応、説明しておきますが、自律神経には…

日中の活動神経:交感神経

夜間の休息神経:副交感神経

があります。

簡単に言うと、脂肪を燃やすのは交感神経脂肪をため込むのは副交感神経が活動している時です。

そのため、脂肪燃焼には交感神経の活動が必須になります。

「うん!だから運動して交感神経刺激しているよ!」

「うん!だから食事制限してエネルギー不足にすることで交感神経刺激しているよ!」

(エネルギー不足は生命の危機を感じて交感神経が活動しやすい)

ですよね。

交感神経を活動させるために頑張っていますよね?

でも、痩せない。でも、脂肪減らない。

…う~ん…

たぶん、頑張りすぎなんだと思います。

頑張りすぎて、交感神経がへばっているじゃないかなと。

交感神経の働きが悪くなる原因には

1.副交感神経の使い過ぎ

ダラダラ生活、ちょこちょこ食べ、食べ過ぎ

2.交感神経の使い過ぎ

運動への執着、極端な食事制限

時間に厳しい、対人関係

があります。

一生懸命カロリー落として一生懸命運動している人は

多分…

交感神経を使い過ぎているのだと思います。

こういった人は、最初こそ体重が減ったものの、気づいたら停滞期に入っています。

心当たりありませんか?

こういった人はまずは、交感神経を休ませてあげましょう♪

・運動量を減らす

・食事量を増やす

・時間に余裕を持つ

・睡眠時間を確保する

・入浴時間を確保する

・手を抜く

こういったことから始めるといいですよ♪

「こんなことしたら体重増えるやろ!!」

と言われそうですね(笑)

でも、このままカロリー落として運動続けてもなにも変わりませんよ。

ダイエットの取り組みはしっかり効果判定して軌道修正することです。

体重変動がなくなったのに同じ事を繰り返していてもなにも解決しません。

毎日一所懸命ダイエットしているのに、思うように痩せれない人は一度、ダイエットの取り組みを緩くしてみてください(^^)/

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

------------------------------

食べながら痩せる方法をメールマガジンで配信中です!
メルマガ登録で、今日から受講できますよ。
詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

Twitter:尾川隆@食欲コントロールダイエット

Instagram:Takashi Ogawa

youtube:たーぼーの食欲コントロールダイエット

tiktok:尾川隆@食欲コントロールダイエット

その他、公式LINEアカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ

  • ダイエットにはカロリー計算は必須?
  • ダイエットには糖質制限は必須?
  • ダイエットには筋トレが必須?
  • 食べすぎてしまうのは意志が弱いから?

これらの疑問がある人は、今すぐ友だち追加してください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食欲がないOL

自然と体重が減る。ダイエットしていないのにスリムな人がしている習慣

やる気

モチベーションは大事?「ダイエットをするぞ!」は危険な理由

糖質制限のメリット・デメリットを知ることがダイエットのカギ

頑張る

厳しければ良いわけではない!ダイエットの正しい頑張りかた

線路

あえて言おう、ダイエットは長期戦である。

カロリー計算

聞いて納得!おやつやデザートとうまく付き合うと痩せやすくなる理由

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。