間食して痩せれる?間食に最適な食べ物で栄養不足を補おう

ヨーグルト

こんにちは!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

ダイエットでは間食が天敵とされています。

確かに、三食の食事以外でカロリーを摂取するわけなので、太りやすくなるのは当然です。

しかし、現代人においては三食で食べている食事内容では栄養が補えていないという現状もあります。

そのため、間食で普段の栄養不足を補うことができれば、太りにくいどころか、痩せやすい体を作れる可能性もあるのです。

そこで今回は「間食に最適な食べ物」ついてお話しします。

間食に最適な食べ物は人によって違う

では、間食に最適な食べ物とはいったいどのようなものでしょうか?

今まで、私のブログを読まれてきた方ならもうお分かりの通り・・・

「それは、人によって違います!!」

人によって不足している栄養素が違うならば、間食に最適な食べ物を人によって違うわけです。

そして、この不足しがちな栄養素を補うことで、代謝が上がり痩せやすい体になるのです。

では、一つ一つ紹介していきます(^-^)

スポンサーリンク


フルーツ

フルーツ

普段の食事で、生野菜やフルーツが少ない人はビタミンC不足になっている可能性があります。

老化防止、コラーゲンの生成、抗ストレスホルモンのためにも間食でフルーツを選ぶのがオススメになります。

ヨーグルト、チーズ

チーズ

普段の食事で乳製品や小魚などを摂れていない人は間食でヨーグルト、チーズを食べるのがオススメです。

カルシウムは、みなさんがご存知の通り、歯や骨の材料になります。

また、脳や体を動かしたりするために必要な神経伝達物質の分泌にも関わります。

体内に入った有害物質の排泄にも役立つ大切なミネラルです。

スポンサーリンク


プルーン、レーズン

レーズン

10~40代女性に特に不足するのがです。

アザができやすかったり、髪が抜けやすい人、疲れやすかったり、イライラしやすい人は鉄が不足しているかもしれません。

こういった方には、プレーンやレーズンが間食に最適な食べ物になります。

ナッツ

ナッツ

普段からストレスが多かったり、アルコールをよく飲む人、魚介類、海藻類が食事で少ない人はマグネシウム亜鉛が不足しているかもしれません。

消費カロリーに関わる代謝能力向上に必須なミネラルなので、間食で補っておきたいところです(´▽`)

最適ものとしてナッツが挙げられます。

まとめ

今回は間食に最適な食べ物についてお話ししました。

普段の栄養不足を補うためなら間食もダイエットのサポートになります。

以上の内容を参考にして、ご自分に不足していそうな栄養素を補うようにしましょう。

代謝が高まり、今までより痩せやすい体になるかもしれません。

ただ、気を付けてほしいのは、栄養不足を補うためといっぱい食べ過ぎないことです。

当たり前ですが、一日分のカロリーをオーバーしてしまえが誰だって太ります。

間食するときは、200kcal程度を目安にすることが大切です。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(ダイエットサポート)への「いいね!」およびTwitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ
これを機に是非、友達追加してみてください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

 

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

色々なドーナツ

夕方にお菓子を食べたくなる理由と対処法

筋力トレーニング

ダイエットに筋トレはいらない!?消費カロリーと基礎代謝について

気づいた女性

ダイエットの本当の意味を知れば、体重なんて気にならなくなる。

座ってヨガをする女性

ダイエットに効果的!座ってできる、自律神経調整運動【イラスト付】

朝食

朝お腹が空かないけど食べた方がいいの?朝食の大切さとお腹が空かない理由

ピンチはチャンス

生活習慣を変えるチャンス!間食してしまった時の考え方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。