テレビ時間と肥満の関係

テレビ
今回の記事は、普段からテレビを座って観ている人に向けた内容です。この記事を最後まで読むことで、テレビ視聴時間が長くなると、肥満になりやすい理由について理解することができます。

 

おはようございます!

食欲コントロールダイエット協会
マスターコーチの尾川です(^^ゞ

自宅でも立ってパソコン作業をするようになってから、足腰が強くなってきた感じがしています♪

しかし、足元がフローリングだと、さすがに足がしんどくなってきます(;´Д`)

そこで、先日トレーニングマットを買いました。

トレーニングマット

正直、乗りごこち、最高です!!

できるだけ、作業する環境は整えたほうが、効率が上がっていいですね。

ストレッチなどにも使えますし、買って損はないですよ♪

自宅内で、立つ時間を増やしたい人にはオススメです(^^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、本日のブログスタートです。

あなたはテレビが好きですか?

私は大好きです(笑)

では、テレビってどんな姿勢で観てますか?

おそらく、みんな座って観ていると思います。

実は、座ってテレビを観るのと肥満には関係があるんです。

これは、座っていることにより、活動量が減ることが1つ挙げられます。

つまり、消費カロリーが減るということですね。

そして、もう一つが座っていると無性に何かを食べたくなるからです。

また、そういう時に限って、お菓子やジュースなどが欲しくなるんですよねー。

いわゆるジャンキーなやつです。

要は、テレビを座って観ると消費カロリーが下がり、摂取カロリーが上がってしまうということです。

太る痩せるの理屈はご存知ですよね?

摂取カロリー>消費カロリー=太る

摂取カロリー<消費カロリー=痩せる

それでも、テレビを観たいというあなたへ私から提案です。

テレビを観るなら立って観るか、横になって観るようにしましょう。

立っていると筋肉を使うため、消費カロリーは上がります。

そして、立っていると間食もしにくいですよね?

また、立っているのがしんどい人は、いっそのこと横になって観てください。

横になると、筋肉は使わないものの、その姿勢でお菓子やジュースを飲むのって抵抗ありませんか?

※横になってもお菓子を食べれるなら、あなたは本物です。

正直、座っている姿勢は、腰にも悪く、休んでいるようで休めていません。

せっかく休むなら、いっそのこと横になるのがオススメです。

そして、疲労が回復したら立って活動しましょう。

できるだけ生活は「立つ、横になる」の2つが良いですよ(^O^)

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

P.S
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座を始めました!!メルマガ登録で、今日から受講できますよ。詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、Twitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)Instagram(Takashi Ogawa)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ

  • ダイエットにはカロリー計算は必須?
  • ダイエットには糖質制限は必須?
  • ダイエットには筋トレが必須?
  • 食べすぎてしまうのは意志が弱いから?

これらの疑問がある人は、今すぐ友だち追加してください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファスティング

聞いて納得!ダイエットにおけるファスティングの2大効果

チェックリスト

必読!コロナ太りのダイエットは体調不良チェックから。

疑問

脂肪燃焼を妨げる、ミトコンドリアダメージとは?

ガマン

まずは食べよう!我慢すると結局食べてしまう理由と対処法

調味料

味覚が整う!ダイエットにおける調味料の選び方

糖質

糖質だけでは太らない理由

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。