あなたは大丈夫?慢性的なストレスがあると痩せにくい理由

ストレスフルな女性

こんにちは!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

みなさんはダイエットのために毎日続けていることはありますか?

例えば、仕事帰りに毎日ジムに通っているとか、体重が増えないように毎日体重計に乗っているとか・・・

実は、こういった行動がストレスとなり、痩せにくい体を作ってしまうことがあるんです!!( ;∀;)

そこで今回は「慢性的なストレスがあると痩せにくい理由」についてお話しします。

ストレスがあると食欲が増す

ジムに通う女性

例えば、毎日仕事帰りに疲れた体にムチを打って運動するとします。

すると、体はもう疲れ切っているのにさらに運動をするわけですので、ストレスを感じます。

そして、ストレスを感じると、そのストレスをなんとかしようと思い、体内では抗ストレスホルモンが作られます。

具体的には、腎臓の上に乗っかっている副腎という部分でコルチゾールというホルモンが分泌されます。

このコルチゾールは、幸せホルモンと言われているセロトニンの合成を邪魔します。

つまり、体内でセロトニンがうまく作られず、幸せを感じにくくなるのです(;´Д`)

そして、人は幸せを感じにくくなったら、幸せを感じるためになにをすると思いますか?

そうですね。

食べる」わけです。

ストレスを感じた時に食事すると「ホッ」としますよね?

体はそれを望むのです。

このように、私たちは慢性的なストレスがあると食欲が乱れてしまいます。

スポンサーリンク


ストレスがあると代謝が落ちる

体重計に乗る女性

例えば、毎朝体重計に乗るとします。

そして、ダイエットに励む人は前日より数グラムでも痩せれるように努力をしているため、思うように体重が減っていないとストレスを感じます(;゚Д゚)

ストレスを感じると、先ほどお話ししたように抗ストレスホルモンであるコルチゾールが体内で作られます。

そして、コルチゾールはセロトニン合成の邪魔だけでなく、成長ホルモンの合成も邪魔することが分かっています。

成長ホルモンは代謝(消費カロリー)に関わるため、体内で不足すると代謝が落ちて痩せにくくなってしまいます。

スポンサーリンク


まとめ

今回は慢性的なストレスがあると痩せにくい理由についてお話ししました。

ダイエットのために良かれと思い行っている行動は肉体的、精神的ストレスにつながり、結果痩せにくい体を作ってしまう可能性があります。

もし、あなたにこういった習慣があるならば、思い切ってそれらを手放してしまう方が痩せやすくなるかも知れません。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(ダイエットサポート)への「いいね!」およびTwitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ
これを機に是非、友達追加してみてください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝る子供

寝る子は痩せる?聞いて得する、ダイエットと睡眠の関係性

運動する女性

効果的!運動で代謝を上げる方法【有酸素運動も無酸素運動も大切】

食べ過ぎてしまう女性

過食は本当に悪いこと?分かれば安心、女性が食べ過ぎてしまう理由

ダイエットサロン案内

熊本でおススメのダイエットサロン:体質改善ダイエットサロンLeaf

肥満

もうダイエットで失敗したくない!肥満になる4つの原因を徹底解説

二の腕の写真

部分痩せって難しい?理由と対処方法を詳しく解説!【イラスト付き】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。