焦らずいこう!年末年始の食べ過ぎを帳消しにできる、正月太り解消法

正月太り

こんにちは!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

いやー、あっという間に年末年始、正月が終わりましたね(汗)

皆さんはどう過ごされましたか?

年末年始は1年の中の2-3%と思い、特に気にせず飲み食いしましたか?

それとも、年末年始も油断せずに食事、睡眠、運動に気をつけた生活を送りましたか?

まぁ、どちらにおいてもご自分で選択したのであれば、それは正解です(^-^)

でも、そうは言っても、去年より体重が増えていれば、やはり焦りますよね?

そこで今回は年末年始の食べ過ぎを帳消しにできる、正月太り解消法についてお話しします。

正月太り解消のポイント

「正月太り解消法!!」と言いましたが、残念ながら皆さんが興奮するような奇抜でエキサイティングな方法を紹介するつもりはありません(;´∀`)

いままで、私のダイエット記事を読まれていた方ならお分かりだと思いますが、なによりも「考え方(考え癖)」「生活習慣」「行動」が大切です。

万年ダイエッターの方はやはり、考え方に偏りが生じています。

そして、その偏った考え方に生活習慣が引っ張られて、結果痩せれずにいる方が多いです。

また、正しいダイエット方法が分かっても行動に移せない人が大半です。

(たぶん、それは最初から100点を目指そうとしているからだと思いますが・・・)

そのため、この3つを意識できるとダイエット成功はグンと近づきます。

空腹感を感じてから食べる

年末年始は、イベントごとや集まりが多く、その都度食べ物が準備されます。

そのため、空腹感を感じてなくても、食べなきゃいけない場面も多かったのではないでしょうか?

こういった生活が続くと、体は空腹感を感じにくくなり、空腹感を感じにくくなると結果満腹感、つまり腹八分目が分かりにくくなってしまいます。

食べ過ぎが正月明けからずっと続いてしまうわけですね(;゚Д゚)

これが危険なんです。

そのため、正月明けに心がけてほしいのは「空腹感を感じてから食べること」です。

スポンサーリンク


完璧を求めない

正月太り解消のポイントでお話ししましたが、ダイエットに励む人は0か100しかありません。

つまり、ダイエットを始めたら常に完璧、100点を目指すのです。

例えば、「お菓子は食べない!!」「間食は絶対しない!!」「毎日運動する!!」「

1日○○gは必ず体重を落とす!!←これ多い(汗)」とかです。

こういった完璧100点生活を目指すため、少しでも誘惑に負けて食べてしまうと、一気に自己嫌悪に陥り0点まで転落します。

要はダイエット終了にしてしまうのですね。

「もういいや、明日からダイエットしよ!!今日は食べよう」「私はやっぱり意志が弱いな・・・」とぶつぶつ言いながらお菓子をボリボリ食べたりします。

よーく考えて下さい。

ダイエットしていないのに痩せているすべての人が100点の生活をしていますか?

私は、ずっと171cm、約57.5kg、BMI19.6、体脂肪率12%ですが週に3,4回は間食しますし、食べ過ぎてしまいますよ(;’∀’)

まずは、正月太りを仮にしていても、そんな自分を認めてあげることです。

「年末年始を楽しんでいっぱい食べた」

楽しかったならいいじゃないですか(゚∀゚)

不完全な自分を受け入れましょう。

生活リズムを戻す

年末年始は楽しい番組も多く、夜更かししがちです。

そのため、仮に食べ過ぎをしてなくても、睡眠不足が続けば自律神経の乱れから代謝が悪くなって体がむくみます。

これにより一時的な正月太りが生じるわけです。

ただ、こういった正月太りは体内に水分が蓄積したにすぎないため、生活リズムを元に戻してあげれば、自然とまた体外に水分が排出されます。

逆に、体重が増えたことに焦って、無理な食事制限やきつい運動をすると、寝不足で疲れている体にムチを打つことになり、さらに痩せにくい体になります。

こういったことからも、正月明けはまず、生活リズムを元に戻すことを心がけましょう。

スポンサーリンク


今すぐ行動する

そして、今すぐ行動することが大切です。

正月太りはほとんどが水分によるむくみです。

そのため、あまり心配する必要はありません。

しかし、夜更かしや食べ過ぎが癖付いてしまい、長期化するとさすがに余剰カロリーが脂肪に変わってしまいます(;゚Д゚)

こういったことからも、やはり普段の生活習慣に戻すのはできるだけ早いに越したことはありません。

正月太りは焦る必要はありませんが、のんびりしているのも危険ということです。

今日、この記事を読んだらまずは行動するようにしてください。

まとめ

今回は、年末年始の食べ過ぎを帳消しにできる、正月太り解消法についてお話ししました。

正直、大した話はしていませんが、大切なのは「考え方」「生活習慣」「行動」です。

特に、考え方に偏りがある人が多い印象なので、まずは「太った理由は水分だし、年末年始は楽しんだんだからいいじゃないか♪」というくらいの気持ちになることが大切ですね。

何回も言いますが、完璧を求めないことです(゚∀゚)

あとは、できるだけ早く食べ過ぎをリカバリーできるように生活習慣を元に戻すことです。

大丈夫、あなたならできます!!

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(ダイエットサポート)への「いいね!」およびTwitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ
これを機に是非、友達追加してみてください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お腹が空いたカエル

一石四鳥!?空腹感を感じることで得られる4つの効果を徹底解説

健康な女性

これは必読!ダイエットで結果を出したければ、まず健康になるべき

代謝を高める2つのポイント

ダイエットに必須!代謝を上げる2つのポイント(食事前編)

寝る子供

寝る子は痩せる?聞いて得する、ダイエットと睡眠の関係性

ピンチはチャンス

生活習慣を変えるチャンス!間食してしまった時の考え方

色々なドーナツ

夕方にお菓子を食べたくなる理由と対処法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。