しっかり食べよう!飲み会前の食事を減らすと食べすぎてしまう理由

飲み会
今回の記事は、飲み会などのイベントごとの前の食事を調整しがちな人に向けた内容です。

おはようございます!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

飲み会などのイベントでは、つい食べ過ぎてしまいますよね?

そのため、ダイエッターは太らないように、ひとつ前の食事の量を減らしたりします。(イベント事が夜なら昼食の量を減らす)

確かに、太る太らないは総摂取カロリーで決まるため、イベント前の食事量を減らせば太りにくくなります。

しかし、この方法は人によっては食べ過ぎにつながることがあるんです(;゚Д゚)

そこで今回は、飲み会などのイベントごとの前の食事を調整すると食べ過ぎてしまう理由についてお話しします。

適度な空腹感は食欲を整える

腹二分目

食べすぎないようにするには空腹感(腹二分目)を感じることが重要です。

そのため、イベント前の食事を適度に摂れればその後に良い空腹感になります。

これでイベント事でも食べ過ぎを防げます。

スポンサーリンク


ひどい空腹感は食欲を乱す

腹ゼロ分目

しかし、「イベントで食べ過ぎるだろうから」と、その前の食事を極端に減らしてしまうと、その後にひどい空腹感(腹ゼロ分目)になってしまい、実際のイベントで反動により食べ過ぎてしまうのです。

スポンサーリンク


イベントを控えていても、普段通りが良い

そして、人は食後4、5時間もすればまた、食欲が湧いてくるものです。

つまり、普段通り食事をすればイベント前にはまた良い空腹感(腹二分目)は訪れます。

そして、その状態で食事をした方が結果的に食べ過ぎを予防できてカロリーオーバーになりにくいんです。

太りたくないと思って、事前に食事量を調節した方が、結果的に太りやすいと言うことです。

なんか、うまく説明できなかったですが、要するに何が言いたかったかというと…

飲み会、食事会などのイベントを控えていたとしても、その前の食事は

いつも通り食べましょう!!

太りたくないなら変な食事量の調節は必要ありません♬

まとめ

今回は、イベント前の食事量を減らすと結果食べ過ぎてしまう理由についてお話しました。

ダイエットをされている人は、太りたくないという気持ちが強いため、食事量考えながら食べがちです。

いわゆる「予測食べ」をしているのです。

大切なのは感覚です。

夜に食事会を控えていても、昼食時に空腹感があるなら、その感覚を大切にして食事をとるようにしましょう。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(ダイエットサポート)への「いいね!」およびTwitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

Instagram(Takashi Ogawa)もやっているのでぜひぜひフォローやコメントお待ちしてま~す(^-^)

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ
これを機に是非、友達追加してみてください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

筋力トレーニング

ダイエットに筋トレはいらない!?消費カロリーと基礎代謝について

運動する女性

ダイエットにおける運動の目的はカロリー消費ではない!!という話

運動

これなら続けられる!運動の上手な取り入れ方

エアロバイク

お悩み解決!お菓子やケーキの食べすぎを運動で帳消しにできるの?

運動する女性

効果的!運動で代謝を上げる方法【有酸素運動も無酸素運動も大切】

運動する人たち

停滞期を抜け出せる!ダイエットで運動した方が良い人の特徴

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。