ダイエットに必要なのはどっち?有酸素運動と無酸素運動の効果と注意点

今回の記事はダイエットに運動を取り入れている人、取り入れようと思っている人に向けた内容です。この記事を最後まで読むことで有酸素運動と無酸素運動のメリット、デメリットを知ることができます。

おはようございます!

食欲コントロールダイエット協会マスターコーチの尾川です(^^)/

ダイエット指導をしていると必ず聞かれることがあります。

それが…

有酸素運動と無酸素運動どっちがいいんですか?

です(^^)

では、どちらが良いのでしょうか?

答えはどちらも大切です!

そして、どちらもメリットとデメリットがあります。

【有酸素運動】

<メリット>

脂肪燃焼効果

ストレス解消

代謝アップ

<デメリット>

時間の確保が必要

有酸素運動にはメリットがたくさんあります♪

ただ、脂肪燃焼は有酸素運動を止めた時点で終わってしまう事実もあります。

なので、ある程度、時間の確保が必要になります。

【無酸素運動】

<メリット>

基礎代謝アップ

アフターバーン効果

(運動後もカロリー消費、脂肪燃焼する)

<デメリット>

やり方が悪いとケガする

特徴的なのは、運動後もカロリー消費することですね♪

ただ、筋トレは正しいやり方でやらないとケガしやすいです。

また、ももの外側やふくらはぎなどつけたくない所に筋肉がついたりします(汗)

そのため、筋トレするときはやり方、姿勢、注意事項などをしっかり調べて行いましょう。

では、運動はどちらをやれば良いでしょうか?

答えから言ってしまえば、まず自分が一番続けやすい方を選べが良いと思います。

あと、一番オススメしているのはHIIT(高強度インターバルトレーニング)です。

これは、有酸素運動中に時々、無酸素運動を入れる感じですね。

5分歩いて10秒ダッシュしたり、または5分歩いて10回ジャンプしたりします。

こういったメリハリをつけることで、自律神経を刺激したり、筋肉を刺激したりできます。

最後にもう一つ提案するなら…

安静時間を減らすこと!!

これに尽きます。

どれだけ運動時間を作っても、それ以外でダラダラ生活していれば、運動効果は半減します。

まずは、座っている時間を減らしましょうね♪

そして、どちらにしても、基本は睡眠ベースです!!

しっかり睡眠がとれていない、栄養があるものを食べていない人、には運動は全くオススメしません。

ダイエットの優先順位はあくまで

第一位 睡眠(7時間以上)

第二位 食事(ご飯、タンパク質、汁物)

第三位 運動(安静時間を減らす程度から)

です(^^)

お忘れなく♬

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

------------------------------

食べながら痩せる方法をメールマガジンで配信中です!
メルマガ登録で、今日から受講できますよ。
詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

Twitter:尾川隆@食欲コントロールダイエット

Instagram:Takashi Ogawa

youtube:たーぼーの食欲コントロールダイエット

tiktok:尾川隆@食欲コントロールダイエット

その他、公式LINEアカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ

  • ダイエットにはカロリー計算は必須?
  • ダイエットには糖質制限は必須?
  • ダイエットには筋トレが必須?
  • 食べすぎてしまうのは意志が弱いから?

これらの疑問がある人は、今すぐ友だち追加してください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食欲がないOL

自然と体重が減る。ダイエットしていないのにスリムな人がしている習慣

カロリー計算

気にせず買える!カロリーの収支計算が正確にできない3つの理由

運動する人たち

停滞期を抜け出せる!ダイエットで運動した方が良い人の特徴

寝室でスマホを触る女性

これをやめたら痩せれる!夜に避けたい3つの行動

5分で分かる!お米ダイエットの方法と効果、注意点

ご飯を残すと痩せれない!お腹いっぱいになった時の食事の残し方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。