読めば安心!確実に痩せるためのダイエットのウソホント

おはようございます❗️

ダイエット探偵のたかしです🕵️‍♀️

まだまだ暑い日が続いていますが、
みなさんはどうお過ごしですか❓

部屋の中に居ても熱中症になると
言われているので、こまめに水分補給をされてくださいね♫


今日はダイエットにおけるウソほんとについてお話しします📣

ダイエットについて調べると本当に色々な情報がありますよね?

「糖質は太るから危険だ!」とか「糖質は体に必要だ!」とか…

こんなにたくさんのダイエット情報を取捨選択しながら痩せるのって、ホントに難しいです😭

そんなダイエット迷子の方でも、この記事を読めば今日からダイエット情報に惑わされずに生活できます🌈

逆に、この事実を知らずに数あるダイエット情報に飛びついてしまうと、痩せれないどころか、代謝や食欲が乱れてダイエット地獄から抜け出せなくなります😩

「いつまで経っても痩せれない…」こんな状態になる前に、今すぐ読んでください!!

情報① ダイエット=食事の我慢

ウソ

食欲を我慢して痩せも100%リバウンドします。食欲は人間の三大欲求の一つです。一生眠るな!と言われているのと同じです。人間の意志で我慢できるのなんてせいぜい2~3ヶ月がいいところですね(笑)あ、これって〇イザップのダイエット期間と同じですね。

情報② 糖質制限は痩せる

ウソ

糖質制限で体重が減るのは事実です。実際、僕も糖質制限で-3kg体重減したことがあります。しかし、これは痩せた(体脂肪が減った)のではなく、糖質に含まれる水分が体に入ってこなかったことによる、ただの脱水なんです。正確に言うと、痩せたのではなく干からびただけです。糖質は体におけるガソリンです。しっかり食べて体を動かすことで代謝が上がって痩せれるんです。

情報③ 鍛えれば引き締まる

ウソ

体鍛えて引き締まるのは、体脂肪をある程度落としてからの話です。BMI23以上の人は筋トレよりまず食事の見直しです。また生活の不摂生により食欲が乱れているケースがほとんどですから、食習慣に加えて睡眠や運動量(歩数)、ストレス管理にも目を向けてみましょう。筋トレして、筋肉を大きくしても、その上に乗っかっている脂肪がある限り、引き締まっては見えません。

情報④ 気になる部分を鍛えて部分やせ

ウソ

気になる部分だけ動かせばそこだけ痩せるとか、そういうシステムは体には備わっていません。脂肪を分解するホルモンは血液に乗って運ばれます。そして、ご存知の通り、血液は全身を巡っていますよね?張っている筋肉のストレッチにより部分的に細くさせる方法はありますが、それでも体脂肪が燃えたわけではありません。よくわからない部分痩せグッズには手を出さないようにしましょう。

情報⑤ 夜中に食べたら太る

ウソ

この情報も多いですよね。遺伝子がどうのこうのって…

ハッキリ言います。太るか太らないかはトータルカロリーです。夜中に食べても、その日のトータルカロリーがアンダーカロリーならば痩せますし、夜中に食べなくてもその日のトータルカロリーがオーバーカロリーなら太ります。

実際、太った人に話を聞いてみると「夜中に食べるようになってから太った」という人はほとんど居なくてむしろ「三食で食べ過ぎるようになった」「間食が止めれなくなった」というように食欲のコントロールができなくなって太った人がほとんどでした。

いかがでしたか?

あなたが疑問に思っていた内容はありましたかね?

もし、「これホント?ウソ?」という疑問が他にもあったらぜひ、僕に質問してください!

最速でお答えしますね♬

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

------------------------------

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

痩せる食欲と太る食欲

食べ過ぎた翌日焦らなくても大丈夫!すぐには太らない理由

誰でも真似できる。痩せる夕食のとり方

焦らなくても大丈夫!痩せ始めのサイン5選

カロリー計算

疑問解決!カロリー計算はダイエットに必要なの?

どっち?

しっかり区別しよう!食べすぎとは違う、過食症の判断基準

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。