ややこしい計算なんてもういらない!食べる量は手で測ろう

手で測る
今回の記事は、食事量を毎日測ってから食べている人に向けた内容です。

おはようございます!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

痩せるためにはカロリーを気にしなきゃいけないし、栄養バランスもとらなきゃいけない…

もう、大変!!

こんな悩みを抱えたことはないですか?

たしかに、ダイエットではカロリーを気にしなきゃいけないし栄養バランスが悪いと食欲や代謝は乱れます。

でも、そんなことばかり気にしていたら食事が全然楽しめません…

そして、そもそも、痩せている人みんながカロリーやバランスなんて気にしていないという事実もありますよね。

そこで、私がオススメするのが…

手測りです!!

手測りとは、食事量を自分の手を使ってある程度決めるということです。

具体的には…

炭水化物:握りこぶし一個分

脂質:親指一本分
(ナッツで言うなら5つくらいでしょうか)

タンパク質:手のひら一個分

野菜:両手を丸めた手のひら

毎食これくらいは食べれるといいですね♬

もちろん、忙しさによって朝のタンパク質を昼や夜に回しても良いと思います。

特に朝から野菜を摂れない人は多いため、1日を通して目安として食べれればGoodです。

現代人はつい、単品メニューになりがちなので、一日一食は手測りで栄養バランスを適当に摂れると良いですね(^-^)

※脂質においては、私自身もどのくらい摂れているのか?摂り過ぎているのか?の判断に困りました。なので、色々調べた感じでは、とりあえず…

脂質の摂りすぎかも?の人は

  • タンパク質がバラ肉やウィンナーばかり
  • 揚げ物が高頻度
  • 野菜と言えばサラダ(一緒に大量のオリーブオイル)
  • 糖質制限の代償で大量のナッツを摂る

こういった人は脂質を摂り過ぎている可能性があります。

逆に脂質が足りていないかも?の人は

  • 脂身のない肉、魚
  • プロテインばかり選択している
  • 大豆製品を避けている
  • 乳製品を避けている

こういったケースかと思います。

なので、脂質を極端に避けている行動がなく、過剰に摂り過ぎている行動もない場合は、脂質が足りていると判断してください(^^)/

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(ダイエットサポート)への「いいね!」およびTwitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

Instagram(Takashi Ogawa)もやっているのでぜひぜひフォローやコメントお待ちしてま~す(^-^)

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ
これを機に是非、友達追加してみてください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

注意

女性は必読!5分でわかる、極端なカロリー制限が危険である理由

食事制限と運動

食事制限と運動ならどっちが良い?ダイエットを成功させる間欠的ファスティング

食べ方

ダイエットに必須!代謝を上げる2つのポイント(食事後編)

野菜ジュース

ちょっと待って!その野菜ジュース、本当に効果ある?

よく噛む

痩せたかったら、兎にも角にも、よく噛もう!

飲料水

超便利!水を飲むと痩せやすくなる理由

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。