聞いて納得!ダイエットにおけるファスティングの2大効果

ファスティング
今回の記事は、ファスティングという言葉は知っているけど、どういったものなのか?どういった効果があるのか知らない人に向けた内容です。

おはようございます!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

皆さん、ファスティングという言葉はご存知ですか?

知らない人はいませんかね?

ファスティングは断食という意味で、一定期間食事を摂らないことをいいます。

そのため、自然とカロリー制限となり体重が減少します。

当然と言えば当然ですね。

ただ、ファスティングにはカロリー制限よりももっと大切な効果があります。

それはなんでしょうか?

ファスティングにおける2大効果

生理的反応改善

私たちは血糖値が下がる(低血糖になる)ことで空腹を感じます。そして、低血糖を解決させるには2つの方法があります。

①食事を摂ることで血糖値を上げる

②自分の体脂肪等を燃やして血糖値を上げる

ここで、私たちは①ばかり選択しています。すると、②の機能が弱くなってしまい、うまく体脂肪を燃焼できなるなるのです。

ファスティングでは、①が選択できなくなるため②を刺激することになり脂肪燃焼(生理反応改善)効果が得られるわけです。

精神面向上

一般的なファスティングは3~6日行うため、ファスティングができた時は、何も食べずにいられたという経験から達成感が生まれます。

「私だって、やればできるだ!」と…

これにより、自分自身を少しずつコントロールすることができます。

つまり、実行機能が高まるわけです

以上のように、ファスティングにはカロリー制限だけではなく本来、体が持つ機能を取り戻す効果や脳を活性化させる効果があります。

長い期間、ダイエットで苦しんでいる人や、普段からダラダラ食べてしまう人は一度、ファスティングに挑戦するのもアリですね。

スポンサーリンク


ファスティングの注意点

ただ、数日間(3~6日)行うファスティングは、栄養不足に伴うドカ食いにつながることもあるので、実施するときは、専門家の指導を受けて、効果と注意点を理解してから行うようにしてください。

個人的には週3日、朝食だけ抜く

間欠的ファスティング

が安全で効果的だと思っています。

間欠的ファスティングについて詳しく知りたい人はこちら↓
食事制限と運動ならどっちが良い?ダイエットを成功させる間欠的ファスティング

まとめ

今回はファスティングにおける2大効果についてお話しました。

ダイエットがマンネリ化した人は、その体重に体が慣れてしまっている可能性があります。

こういう時は、少し体に刺激を入れることも大切です。

「おやっ!?いつもと違うぞ!?」

と体に思わせてみましょう(^-^)

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(ダイエットサポート)への「いいね!」およびTwitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

Instagram(Takashi Ogawa)もやっているのでぜひぜひフォローやコメントお待ちしてま~す(^-^)

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ
これを機に是非、友達追加してみてください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

着替え

効果あり!ダイエット中のやる気を引き出す作業興奮とは?

ダメ

食べたくなるのは当然!お菓子を買い置きしないほうが良い理由

加齢

歳を取ると痩せにくくなるって本当?加齢と代謝の関係性

チェックリスト

今すぐチェック!あなたの基礎代謝を下げる3つの原因とは?

どっち?

しっかり区別しよう!食べすぎとは違う、過食症の判断基準

ストレスフリー

辛ければ良いというわけではない!ダイエットの基本はストレスフリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。