お悩み解決!お菓子やケーキの食べすぎを運動で帳消しにできるの?

エアロバイク
今回の記事は、お菓子やケーキを食べてしまったときに、運動でカロリー消費することで、帳消しにできると思っている人に向けた内容です。この内容を最後まで読むことで、食べすぎが運動で帳消しにできるか分かります。

おはようございます!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

「あ~、美味しそうだったから、菓子パン食べちゃった」

「う~ん…250kcalかぁ…」

「よし!運動して帳消しにするか!!」

このように考えたことはありませんか?

たしかに、運動をすればカロリー消費はします。

その他、運動はダイエットにおいて、いろいろな効果があるため、個人的にもオススメしています(^-^)

でもですね。

だから、今日食べた菓子パンも運動をすればALL OK!かと言われると…

そうではありません!!

そこで、今回は菓子パンやケーキで得られるものと運動で消費されるものについてお話します。

菓子パンによって入ってくるものと、運動で消費されるものはイコールではない

では、なぜ菓子パンやケーキでとったカロリーを運動で帳消しにできないのでしょうか?

理由はこれです!!

カロリー消費菓子パンなどで体内に入ってくるのはカロリーのみ(添加物も)ですが、運動では、カロリーだけじゃなく、ビタミンミネラルまで消費してしまうのです(;゚Д゚)

ビタミンやミネラルは私たちの基礎代謝に関わるたいせつな栄養素なんです。

これらも運動で消費してしまうということは、基礎代謝が落ちてしまう可能性があるということです。

これでは、さらに痩せにくくなる体へまっしぐらですね(T_T)

こういった理由から、菓子パンなどのジャンクフードを食べすぎたときのカロリーは正確にいうと運動だけでは帳消しにできません。

こういう場合の食べすぎでは、むしろ運動後のビタミンやミネラルの補充がたいせつになるわけです。

ジムなどにあるエアロバイクで1時間走っても、表示されるのは「○○カロリー消費されました」しか書いてないのがいけませんよね(;´Д`)

ここに「○○カロリーとビタミンやミネラルも消費されました」と表示されれば、すこしは焦ると思ってます。

スポンサーリンク


まとめ

今回は、菓子パンやケーキなどのジャンクフードを食べた時のカロリーを運動だけで帳消しにできるかお話しました。

カロリーだけで考えれば、運動で帳消しにできるかもしれませんが、残念ながら運動で消費されるのはカロリーだけではないことが分かったかと思います。

また、ジャンクフードを食べすぎたから、次の日に食事制限をするものオススメしません。

ジャンクフード自体に栄養素が少ないのに、翌日に食事制限をして栄養素を取り入れないわけだから、体にはかなりのストレスになりますよ(+_+)

体に良くないものを食べすぎたからこそ、次の日は体に栄養素を入れてあげましょう。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

P.S
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座を始めました!!メルマガ登録で、今日から受講できますよ。詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、facebookページ(ダイエットサポート)への「いいね!」およびTwitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

Instagram(Takashi Ogawa)もやっているのでぜひぜひフォローやコメントお待ちしてま~す(^-^)

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ
これを機に是非、友達追加してみてください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

筋力トレーニング

ダイエットに筋トレはいらない!?消費カロリーと基礎代謝について

プール

ダイエットと水中ウォーキング

だらだら

運動するな!安静減らせ!この意味が分かりますか?

運動する人たち

停滞期を抜け出せる!ダイエットで運動した方が良い人の特徴

運動する女性

効果的!運動で代謝を上げる方法【有酸素運動も無酸素運動も大切】

飲み会

しっかり食べよう!飲み会前の食事を減らすと食べすぎてしまう理由

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。