考え方が変わればやる気も変わる!ダイエットにおける運動の考え方

運動
今回の記事は、運動をカロリー消費だけのために行っている人に向けた内容です。この記事を最後まで読むことで、ダイエットにおける運動への考え方が変わります。

 

おはようございます!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

暑さとコロナウイルスの感染拡大により、ステイホーム時間が長くなっているので、パソコン作業を立って行うようにしています♪

朝4時半から立っているのは結構つらいですけど、徐々に慣れていくでしょう。

ダイエットにおいて、運動は切っても切れない関係にありますからねー。

それでは、本日のブログスタートです(^^)/

 

運動に対する投稿もそこそこしてきたので、大丈夫かとは思いますが、やはり運動は、どう考えてやるかがとてもたいせつです。

まさか、まだカロリー消費のためにやってはいませんよね?

運動はカロリー消費よりも

自律神経刺激

のためにやったほうがいいです!

カロリー消費だけで考えると、基本、運動後には恩恵がありません。(特に有酸素運動の話ですが)

運動したら、「はい!おしまい!」となります。

しかし、運動を自律神経刺激のためと考えると話は変わります。

運動で交感神経活性すると、脂肪分解酵素が増えるので、運動が終わった後もダイエット効果があるんです。

同じ運動をしていることに変わりないんですけど、効果が持続していると思うと、なんか嬉しくなりませんか?

ここで、私が1番言いたいことは…

  • 目先の効果を求めてやるか
  • 長期的効果を求めてやるか

「この2つのどちらに意識が向いていますか?」ということです。

ダイエットに励む方々はどうしても、目先の消費カロリーに目が行きがちです。

そうなると、どうしても目先の効果判定をしたくなるんですよね?

つまり、運動した翌日の体重ばかり気にしちゃうんです。

「昨日○○○kcalも消費したから、きっと痩せているはず」と…

でも、体重ってそんなにカンタンに変わらないんですよ。

それは、長年その体重でいたことに体が慣れてしまっているからです。

そのため、ダイエットの体重変化は長期的な目線でみる必要があります。

だとしたら、ダイエットにおける運動の効果も長期的に得られると思った方が良くないですか?




結局は考え方の話なんですけど、ぶっちゃけ、ダイエットの9割は考え方です。

考え方を間違えると、その後の行動も間違えてしまいます。

ぜひ、普段のご自分の考え方と見比べてみてください。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

P.S
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座を始めました!!メルマガ登録で、今日から受講できますよ。詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、
Twitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。

また、Instagram(Takashi Ogawa)もやっているのでぜひぜひフォローやコメントお待ちしてま~す(^-^)

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ

  • ダイエットにカロリー計算は必須?
  • ダイエットに糖質制限は必須?
  • ダイエットに筋トレは必須
  • 食べすぎてしまうのは意志が弱いから?

こういった疑問がある人は、今すぐ友だち追加してください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いつすればいい!?自律神経を整える、体のリズムに合わせた運動方法

知れば得する!自分の体力に合わせた運動をしないと痩せにくい理由

質問

聞いて納得!ダイエットに効果的な運動の種類と時間帯

眠気

昼食後の眠気は血糖値が原因?FreeStyleリブレ検証報告

モデル

痛みも取れてスタイルアップ!毎日できる反り腰改善体操、イラスト付

ヨガ

痛みを取りたいなら背骨を動かそう!背骨の働きと動かし方【保存版】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。