歩数にこだわらない方が良い理由

万歩計
今回の記事は、「ダイエットでは運動がたいせつだから、毎日万歩計で歩数をしっかり数えている人」に向けた内容です。 この記事を最後まで読むことで、歩数にこだわりすぎない方が良い理由がわかります。

 

おはようございます!!

ダイエットサポーターの尾川です(^^ゞ

夏ですね♪

なかなか外出ができませんが、できるだけ屋内生活にならないように、子ども外で遊ぶようにしています。

そして、昨日は家族でバーベキューをしました。

そこで登場したのが…

ピザ窯です!!

ピザ窯

家庭用サイズなのに火力もすごくて2-3分でピザが焼けました。

生地から手作りなので添加物も少ないし、満足感ありました(^-^)

極力、自然なものでつくれるといいですよね♪

みなさんも興味があればぜひ、お試しください。

では、本日のブログスタートです。

 

ダイエットをするにあたり、運動習慣があることはとても良いことです。

私も運動は推奨しており、7,000~8,000歩/日、歩ければ自律神経にも良い影響があると考えています。

しかし、気をつけてほしいことがあります。

それは、歩数にこだわらないことです。

そこで今回は、歩数にこだわらない方が良い理由についてお話しします。

意地でも歩数をキープしたくなる

歩数を設定すると、マジメな人はどんな状態(体調が悪い)、状況(雨が降っている、仕事で遅くなった)でもその歩数をキープしようとします。

すると、たいせつな睡眠や食事がおろそかになってしまい、結果的にやせにくい体になってしまいます。

歩数さえキープすれば良いと思う

歩数が確保できても、それ以外の時間に、ダラダラしていたら、運動の効果は半減してしまいます。

そのため、一日を通して動くことで8,000歩をキープするほうがダイエットには効果的です。

ストレスになる

先ほどもいいましたが、歩数にこだわるとストレスになります。

生活をしていれば8,000歩/日、歩けない日だってあります。

そうなると、歩けなかった自分をせめたり、歩けなかった分、食事を減らそうという思考に変わりがちです。

スポンサーリンク


まとめ

今回は、歩数にこだわらない方が良い理由についてお話ししました。

万歩計の歩数は活動量の見える化につながりますし、モチベーションのアップにもなります。

そのため、今回のタイプに当てはまらない場合はぜひ、8,000歩を意識してください。

逆に、歩数を設定すると、執着しやすい人は、歩数は目安程度にとどめましょう。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

P.S
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座を始めました!!メルマガ登録で、今日から受講できますよ。詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、
Twitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)の「フォロー」をお願い致します。

また、Instagram(Takashi Ogawa)もやっているのでぜひぜひフォローやコメントお待ちしてま~す(^-^)

また、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ

  • ダイエットにカロリー計算は必須?
  • ダイエットに糖質制限は必須?
  • ダイエットに筋トレは必須
  • 食べすぎてしまうのは意志が弱いから?

こういった疑問がある人は、今すぐ友だち追加してください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

双子卵

ダイエッター必読!体重は体温と同じで、勝手に調整される

2つ

あなたは大丈夫?ダイエットに失敗する2つのタイプ

選択する

究極の選択!味覚の改善とお腹具合の改善、どちらを選ぶ?

体型

ダイエットでは体重よりも体型を気にした方が良い理由

確認

ダイエットの基本は体重確認ではなく、体調確認である。

禁止

もうやめよう!ダイエットでは禁止食品を作らない方が良い理由

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。