これが事実!食事制限はリバウンドを前提にしている

リバウンド

今回の記事は、ダイエットのために食事制限をしている人に向けた内容です。この記事を最後まで読むことで、食事制限でやせてもリバウンドしてしまう理由がわかります。

 

おはようございます!

食欲コントロールダイエット協会
マスターコーチの尾川です(^^ゞ

あなたは痩せるために「食事制限」をしたことがありますか?

ダイエットをしたことがある人はたぶん100%が経験者でしょう。

だとしたら、リバウンド経験もありませんか?

というか、絶対リバウンドしています。

それはなぜでしょうか?

だって、食事制限ダイエットはリバウンドを大前提だからです!!

食事制限は「食欲を我慢して食べる量を減らす」ことをいいます。

我慢して食べる量を減らすので、当然、痩せれます。

しかし、人間の我慢には限界があります。

だから、食べないようにして痩せても、いつか我慢できずに爆食いしてリバウンドするんです。

でも、ダイエットに励む人たちは、この大前提を知らないから、リバウンドするとショックを受けるんです。

大丈夫です!

元々、食事制限はリバウンドありきなんですよ。

そんなに驚かなくていいです。(ダイエッターにとって、リバウンドは大ごとであることは承知しています。)

本来、食事制限はプロボクサー、ボディビルダーなどのトップアスリートがすることです。

そう、彼らはその一瞬(試合、大会)のために、食欲を我慢して体を絞り込むんです。

だから、その一瞬が終われば、めっちゃ食べてリバウンドします。

知ってますか?

ボディビルダーのオフシーズンの体はぽちゃぽちゃしているんですよ(笑)

でも、それでいいんです。

大会を控えていないからですね♪

では、あなたはどうでしょうか?

今後、試合や大会を控えていますか?

控えていませんよね?

これから先、ずっと痩せていたいのですよね?

だったら、リバウンドありきの食事制限はやめましょう。

つまり、食欲を我慢するのをやめるんです。

じゃあ、どうすれば良いのか?

そうです。

食欲コントロールをするんです。

食欲を我慢するのではなく、自然と食欲がおさまるようにするんです。

そうすれば、食欲を我慢するわけではないので、我慢の限界もありません。

つまり、リバウンドしないということです(*^^)v

食事制限と食欲コントロールはまったく違います。

あなたにはぜひ、食欲コントロール術を身につけてもらいたいです。

食欲コントロール術を身につけたい方は「腹八分目が習得できる14日間無料ダイエット講座」にメルマガ登録してください!

完全無料で、出し惜しみなく食欲を整える方法を伝授いたします。

詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座を始めました!!メルマガ登録で、今日から受講できますよ。詳細はこちら↓↓↓↓↓↓
腹八分目が習得できる!14日間無料ダイエット講座

今回の内容が、あなたのお役に立ちましたら、是非、Twitter(尾川隆@食欲コントロールダイエット)Instagram(Takashi Ogawa)の「フォロー」をお願い致します。m(__)m

また、youtubeでは、文章では分かりにくい内容を動画でわかりやすく解説しています。
youtubeチャンネル:たーぼーの食欲コントロールダイエット

その他、LINE公式アカウント、ダイエットサポートも開設しております。
今、友達追加していただくと4つの動画「ダイエットの常識・非常識」を無料でプレゼント致します(^^ゞ

  • ダイエットにはカロリー計算は必須?
  • ダイエットには糖質制限は必須?
  • ダイエットには筋トレが必須?
  • 食べすぎてしまうのは意志が弱いから?

これらの疑問がある人は、今すぐ友だち追加してください。

今すぐクリック↓
LINE公式アカウント ダイエットサポート

スポンサーリンク


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一言言いたい女の子

糖質制限をしている人へ。ひとこと言わせてください!

頑張る

厳しければ良いわけではない!ダイエットの正しい頑張りかた

指導者

ダイエットがうまくいっているか、誰が判断するの?

気づいた女性

ダイエットの本当の意味を知れば、体重なんて気にならなくなる。

体重測定

焦らなくてすむ!体重がすぐには減らない理由

サイクリングをする女性

効果抜群!ダイエットに役立つマインドセット

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。